玄関脇に置いといたら、街中の子供らが集まってきそうですw

時間が経つのは早いもんで、あっという間に10月になってしまいましたね。10月といえば、31日に向けて世間(の一部)が騒がしくなってくる頃でもあります。そう、仮装して「トリック・オア・トリート」という不思議な呪文を唱えると、お菓子が貰えるあのイベント、つまりハロウィーンの到来です。

日本ではあまりみかけませんが、海外ではこのイベント時に、軒先にカボチャを彫って造る「ジャック・オー・ランタン」という灯籠を飾ります。

そこで今回は『ポケモン』をテーマにした、完成度の高すぎるカボチャ・アートをご覧いただきたいと思います。かなりレベル高いです。以下でどうぞ!

 

【大きな画像や動画はこちら】  



ポニータの炎の再現度がリアルですね! 

米Kotaku記事では作者が不明でしたが、読者のKasumi_CRさんからの情報で、アーティストは joh-weeさんだと判りました。

なにげにライトなコスプレイヤーでもあるjoh-weeさん(女性)は、他にも『ゼルダの伝説』リンクやホグワーツの紋章、キュゥべえ、そしてカボチャだけでなくメロンにピチュー、またはラティアス&ラティオスを彫ったりと、バラエティーと作品数がたいへん豊富でビックリします。

これから10月31日に向けて、カボチャのランタンを造ってみようという皆さん、ぜひともカノジョのdeviantARTページのチェックもお忘れなく! 



Pokemon [Think Like No One Else via Kotaku]

(岡本玄介)